☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆
Profile Lesson Tuition Place System FAQ Links Blog




【英語を好きになって下さい】
…まずはそこから始まります。

好きになる理由・きっかけは何でも構いません。誰でも好きなことには好んで時間を割きます。好きなことなら多少辛くても長く続けられます。英語習得においては、英語を好きになれるかどうかが目標達成の大きなポイントです。

もしあなたが
英語を心から好きになれればいつか話せる日がきます

というのも、日本語を話せれば必ず英語も話せるようになるからです。一つの言語を話せれば、言語習得能力は誰にでもあるんです。

ただ、それにはもちろん差があります。でもそれは短い期間で覚えられるか、長い時間が必要かだけの違いです。もちろんセンスや性格も関係してきます。音楽が好きな人は比較的音を掴むのが上手ですし、おしゃべりが好きな人は間違いを恐れず話すことができるため、スピーキング力の上達が早くなり、逆に口下手な人は日本語でも話すのが苦手なわけですから、英語ならなおさら話せず、他のスキルと比べてスピーキング力は落ちます。しかし、それもただの個人差です。『話せるけど文法はめちゃくちゃ』、『うまく話せないけどリスニングは問題ない』など人によって得意不得意があるだけです。それでも、話せるようになりたいと思っている人にとっては、前者の方を羨ましく思うでしょうし、TOEICのスコアに伸び悩んでいる人にとっては、後者の方を羨ましく思うでしょう。

要は、
ご自身の目的に合った能力を重点的に伸ばすことが、英語学習に必要です。そして、その成果を実感できれば自然にモチベーションが高まり、英語学習及び上達している自分に満足感を得て、最終目標に向かって継続的な学習ができます。もちろん苦手な能力も伸ばさなければいけませんが、何より得意な能力に磨きをかけながら、目的に合った学習をしたほうが効果的です。

そして、もう一つ英語習得のkEYとなるのが
具体的な目標設定です。言語は1ヶ月、2ヶ月で身に付くものではありません。継続的に学習し、できるだけたくさんOUTPUT(=自分のことばによるスピーキング)することで、少しずつ英語を話すことに慣れ、「Hello」を「こんにちは」と日本語に訳さなくても理解できるように、長い文章でも英語を英語で理解できるようになります。しかし、そこに至るまでにはたくさんの苦悩があります。話したいのに話せない自分に対するイライラが何度も襲ってくることでしょう。でも、それを乗り越えなければ英語を話せるようにはなりません。多くの方はそのイライラの壁に耐え切れず、「やっぱりだめだ。英語は難し過ぎる。自分には向いていない。」と諦めてしまいます。時には講師が悪いと決め付け、英会話スクールを何軒も転々とし、でも結局身に付かず、長い間学習してきた(つもりの)ことを無駄にしてしまう方もいます。そういう方は、スクールに対する期待とご自身の努力・能力が一致せず、大抵週1・2回のレッスン時に英語を使う以外あまり自己学習をしていないのに、レッスンを受けてさえいればすぐに上達するはずだと思っているようです。具体的な目標がなく、ただ漠然と英語を話せるようになりたいと思っている方に、挫折を経験している方が多いように思われます。

『英語を話せるようになりたい』という目標だけで、たくさんの壁を乗り越えながら継続的な学習をし、短期間で成果を挙げることができると思いますか?他の国の方は、“仕事をするため”、“移住するため”といった、生きるための手段として英語を身につけようとする方が多くいます。日本で生活しているだけでは、実際英語の必要性はほとんど感じないと思いますが、せめて『字幕なしで映画を見れるようになりたい』とか、『英語を使う仕事に転職したい』など具体的な目標を掲げ、焦らず時間をたっぷりかけて、自分のペースで継続的な学習をして頂きたいです。

また、イライラの壁を乗り越えるために、英語を話せない原因をつきとめることも大切です。なぜなら
『話せない=言っていることがわからない』とは限らないからです。意外に多くの方が気づいていないのですが、

話せない =

@単語力がない。
A単語やイディオムを知っているがその使い方を知らない。
Bその内容に関する知識がない。
C文法がわからず文章を作れない。
D話すのが苦手である。
E言いたいことはあるがそれを英語で表現できない(日本語を英語に直訳しようとしている)。
F文化の違いからコミュニケーションの取り方がわからない。
Gネイティブの話すスピードに圧倒されてすぐ答えられない。

など人によってその原因は様々です。その原因をつきとめることで、話せるようになる日がまた一歩近づいてきます。


英語を学ぶということは、『単に言葉を身に付けるだけでなく、その言葉が使われている国の文化を学ぶことにもなる』ということも覚えておく必要があるでしょう。文化の違いはコミュニケーションの取り方に大きく影響します。

しかし、そんな好きな英語も、飽きてしまうことがあるかもしれません。ただ、飽きるのには主に2つ原因があります。1つは、【嫌いになったわけではなく、他のことにより興味を持ったため熱が冷めた】もう1つは、【成果が見られず、自分には向いていないのではと感じ、続ける気持ちがなくなった】です。前者の場合はどうしようもありませんが、後者の場合は救いようがあります。というのも、本人にとってなかなか成果が見られない安定期でも、講師側から客観的に見たらはっきり上達がわかるからです。その時にレッスンを受けてさえいれば、今まで頑張ってきた学習を無駄にすることなく、あきらめずに、目標達成に向けてモチベーションを保つことができるでしょう。

私ももちろん現在も英語力を磨いています。
語学学習に終わりはありません。言葉は生きています。次々新しい表現が生まれます。更なる目標を目指して、果てしない夢を追いかけています。好きなことだから続けられるんです。それを本当に実感しています。

STARS☆のレッスンでは、
『好きだから頑張れる』…その意気込みを期待しています。


Home 特商法に基づく表記 体験レッスンの申し込み プライバシーポリシー お問い合わせ
Copyright © 2004-2017 STARS. All Rights Reserved.